2012年06月07日

Emiko 6月6日

0606-1.jpg

通りの大きな扉から中に入ると、そこは南フランス?
山口ヒロミさんと長妻和子さんのオープニングパーティの会場は、
とても素敵な所でした。

0606-2.jpg

by Emiko 6月6日
posted by 凹凸のフランス便り at 06:47| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年06月06日

Bonjour Bonjour Bonjour

さて朝から最終チェック。
坪山さんはパフォーマンスのリハーサルに余念がありません。
花吹雪隊のモリモも、最終打合せを万全にしています。

DSCN3332.jpg

6:00 ヴェルニサージュ オープン

DSCN3340.jpg

DSCN3353.jpg

Bonjour
Bonsoir
この挨拶をいったい何人の人に何回言っただろう?

オープニングパーティー、すごかったです。
入口付近ではすれ違うのに苦労したほど。
おおよそ400人近い方が来てくださいました!
それぞれの方々のお顔を見ている暇がないくらいで
言われるままにウロウロ挨拶してまわってました。

DSCN3358.jpg

DSCN3394.jpg

DSCN3399.jpg

DSCN3406.jpg

ディレクタージェネラル、館長の方が
「それぞれが個性的で素晴らしい作品ばかりです!」
との嬉しいお言葉でした。
確かにとても好評だったと実感できました。



7:30 パフォーマンス  始まり

たくさんの観衆が見守る中、由起ちゃんのパフォーマンスがスタート。
みんなの熱気が坪山さんに乗り移って、鬼気迫るパワーがじわじわ
伝わってきます。後ろの方の人、見えへん〜〜くらいに大勢の人。

DSCN3411.jpg

DSCN3420.jpg

大きな拍手の中、紅潮した由起ちゃんの「やった!」感満載のスマイル。

スペイン人のおじさんが、写真を撮りまくっていました。

DSCN3428.jpg

DSCN3440.jpg

DSCN3456.jpg

あとはお部屋でパーティー。Fuseさんとダフネさんの美味しい手料理、
のり巻きとかオリーブ入りのパウンドケーキとか。
・・・で、とっても和やかなうちに終了。

24:00 爆睡

By kaoru 2012.6.5.
posted by 凹凸のフランス便り at 19:35| Comment(1) | パリ展覧会2012

Paris memories ベルニサージ楽屋裏編” by yuki

ベルニサージ当日。

cite.jpg

準備の整ったCITE、後は時間を待つばかり…。

その頃楽屋(神野部屋)では、今回も出品されているフセサンが、
ベルニサージ後のパーティの為に、手作りのお料理を持ってきて下さり
準備の真っ最中。感謝!
海老手まり寿司の向こうには、凹凸ギャルアンナちゃん&もりも&伊藤さん。

凹凸ギャル.jpg

そして、この日の為に、不眠不休でドレスを作ってくれた中妻さん到着。
汗をかきかきアイロンを念入りにかけてもらって、
中妻ドレス三人衆 ハイポーズ。 ん?かおるさん何やら気もそぞろ…

中妻ドレストリオ.jpg

そうなんです。
準備してきたアトリエ紹介のスライドショーが会場の機器に取込めないトラブル発生。
なんでー えーと えーと 最後の最後まで、かおる奮闘。
か、かおるさん せっかくのええ服着て あし、がに股なってんでー

kaoru.jpg



フセサン.jpg

フセサンお嬢.jpg

ベルニサージ後、ワイワイガヤガヤの大人達の喧騒の裏での可愛いツーショット。
フセサンさんのお譲ちゃんとジャパニーズガールアンナ。

4年前に会った時は、おちびちゃんだったのにこんなに可愛くなりました。
ジャパニーズアニメ大好き少女です。
そう今やフランスの若い子は、みーんな日本大好き。
私も何度も、街中や地下鉄で“コンニチワ”と話かけられました。
みんな“ワンピース”“ナルト”で日本語覚えて挨拶程度なら話せます。
中には“ワタシ ガングロデス”と自己紹介してくれたフランスの女の子。
アナタハ ソノママデ トテモウツクシインダヨ。

Paris memories つづく   by yuki
posted by 凹凸のフランス便り at 09:16| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年06月05日

いよいよ明日からスタート!

搬入も最後の仕上げ。
アトリエ軍団はその後も松本、加藤、坪山、敷地さんと、
メンバーを増やし、ますますパワーアップで仕事を進めます。

DSCN3313.jpg

DSCN3295.jpg

DSCN3296.jpg

DSCN3297.jpg

DSCN3298.jpg

DSCN3299.jpg

DSCN3300.jpg

DSCN3301.jpg

DSCN3302.jpg

DSCN3303.jpg

DSCN3304.jpg

DSCN3291.jpg

うん?
時々あほなことをして気分転換しながらも、着々と・・・

DSCN3284.jpg

DSCN3293.jpg

さてさてキャプションもみんなついてるかな〜〜?

DSCN3305.jpg

DSCN3306.jpg

DSCN3307.jpg

DSCN3308.jpg

DSCN3309.jpg

DSCN3310.jpg

DSCN3311.jpg

DSCN3312.jpg

作品はまっすぐかかってる?
ファイルどこに置く〜〜?
このBOX だれの作品ー??

とかなんとか言いながらも、夕方無事完了です。
お疲れ様でした。

DSCN3314.jpg

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「いやー、疲れた疲れた。」
「何食べる?」
「ベトナム料理美味しいとこ知ってるよー。」
「ええー、いいやん、行こ行こ!」

DSCN3318.jpg

DSCN3320.jpg

 揚げ春巻き、フォー with ビール
「ここのフォーはやっぱり生の牛肉の入ったやつが抜群にうまい。」
「へええ〜〜?」

DSCN3322.jpg

DSCN3326.jpg

最後はタルトタタンとショコラなんちゃらというデザートを
〆にして、ごちそうさまー、明日も頑張ろな★

By kaoru 2012.6.4.
posted by 凹凸のフランス便り at 07:58| Comment(1) | パリ展覧会2012

6月4日 yuki & emiko

641.jpeg
 ↑
シテでの搬入2日目、私は今日から従姉と合流です。
ほとんど作品は壁面に展示され、最終調整中。
皆さん、おつかれさまでした!
いよいよ明日はベル二サージなので、
私も踊りの最終確認をしました。

642.jpeg

その後シテ上の神野部屋にて、休憩の様子です。
伊藤さんはお疲れ気味の、放心状態。( ・_・ )

643.jpeg

その後、トルビアックのスープが美味しいという、
伊藤さんおすすめのベトナム料理で春巻とフォーを食べて、
お腹いっぱい。(^o^)

644.jpeg

隣のカフェでお腹いっぱいのはずなのに、
ショコラ&バニラとタルトタタンも食べましたあ。
o(^▽^)o

by yuki & emiko
posted by 凹凸のフランス便り at 06:47| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年06月04日

パリ郊外でゆったりした日曜日

パリの日曜日はわかりやすい。
街の雰囲気がしっかりとOFFモードに入ってます。
CITEの前ではたくさんの人々がローラースケートをはいて次から次へと。

DSCN3230.jpg

ちょうど Fuse Noriko さん(今回のフランスからの出品者のおひとりです)が
元、教会の一部だったというスペースで個展をされてましたので、
見せていただきました。

DSCN3233.jpg

夕方からパリ郊外にある、神野の友人のお宅へお邪魔しました。
パリから列車で50分ほどで、こんなに自然溢れる美しい場所へ・・・

DSCN3236.jpg

DSCN3240.jpg

DSCN3242.jpg

DSCN3251.jpg

お食事の前にみなさんで湖のほとりを散策。カモの親子も の〜んびり。
なんだかこういうゆったりした時間の過ごし方って、日本にいると
なぜかできないんです。

DSCN3255.jpg

DSCN3261.jpg

DSCN3271.jpg

DSCN3276.jpg

散歩のあとは、とっても優しい手料理とワインをご馳走になり、
心温まる日曜日。贅沢ってこういうことです、やっぱり!

By Kaoru 2012.6.3.
posted by 凹凸のフランス便り at 06:58| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年06月03日

アトリエ軍団パワー炸裂

DSCN3224.jpg

ぞくぞくアトリエ軍団到着。

あかり、鎌田&family,大坪、長田、山川、滝本&たけしさん、森本、
韓さん&friend、杏菜&sister、金谷さん、神野、東、
フランス側からは師井さん、野口さん、伊藤さん・・・
と、必殺助っ人軍団、総勢20名。

DSCN3191.jpg

DSCN3192.jpg

DSCN3197.jpg

働き者のみんなはサクサク、テキパキと仕事をこなし、
夕方までにはあっという間にほぼ8割完了。
恐るべし凹凸パワーなのである。


しかしなんといっても暑いのです。
飲むは飲むは、ビール、水の空ケースが
ドンドンたまるたまる。

DSCN3205.jpg

DSCN3206.jpg

DSCN3218.jpg

DSCN3215.jpg

はいはい、お疲れさまでした。

また月曜日10:30に集合です。

By kaoru 2012.6.2.
posted by 凹凸のフランス便り at 06:21| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年06月02日

せっせ、せっせ、ふ〜

DSCN3160.jpg

DSCN3161.jpg

いよいよシテでの生活がスタート。
手続きして鍵をもらって、さてどうかな?

あ〜 残念。 セーヌ河と反対側でした。
4年前はノートルダム寺院を見ながら寝起きしてたんで、ちょっと残念。

って、・・・そんなこと言ってる場合じゃない!

DSCN3168.jpg

作品が運ばれてきました。
伊藤さんに手伝ってもらって
せっせ
せっせ
もうちょっと、

DSCN3163.jpg

DSCN3165.jpg

DSCN3172.jpg

はい、19箱、OKです。
ふ〜〜
ほっとしました。
明日から搬入です。
えっ? 私がなんにも手伝ってない?
いえいえ写真を必死で撮っております。

DSCN3173.jpg



DSCN3179.jpg

DSCN3185.jpg

DSCN3188.jpg

夕方ポントローさんの個展に行き、帰りに
ほっと一息 パナシェを
ゴクゴクゴク
プファー★

By kaoru 2012.6.1.
posted by 凹凸のフランス便り at 07:34| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年06月01日

お約束

明日から滞在するシテ・デ・ザール。

「あっ、ポスターはってある」
大きくてちょっと窮屈そうですが、ちゃんとはっていただきました。
4年前に受付におられたマダムがおられました。
気づいてもらえたのか にっこりスマイル。 お久しぶり〜

DSCN3086.jpg


さてさて、搬入直前の今日しかゆっくり行けないぞ・・・と
パリといえば、お約束のルーブル美術館(Musée du Louvre)へGO! ↓

DSCN3134.jpg

DSCN3141.jpg

なんかエジプト美術のおもしろいオブジェ発見。
みなさん泳いでおられるというか、空を飛んでいると言うか・・・

DSCN3101.jpg

DSCN3113.jpg

DSCN3123.jpg

あとはこれまたお約束の皆様ご存知の作品ばかり。

・・・と思っていると、出口を出たところに
でっかいキーファー(Anselm Kiefer) の作品がボン、ボン、ボンと
3点もありました。 思わず写真、写真。 ↓

DSCN3103.jpg
題名:Danaé


DSCN3151.jpg

最後はこれまたお決まりの BOOK SHOP で約2時間。
2Fにある版画コーナーで念入りにチェック。
珍しい木製のプレス機もパチり。
このプレス機のあることに気づかれた方は、相当マニアックな方です。

20120531.jpg
(クリック 大きな画像 900x1200)

By kaoru 2012.5.31.
posted by 凹凸のフランス便り at 05:21| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年05月31日

From London to Paris

DSCN3081.jpg

DSCN3082.jpg

DSCN3083.jpg

DSCN3084.jpg

ロンドンからパリまで約1時間半。
easy Jetでビューン。

無事パリ到着。


By kaoru 2012.5.30.
posted by 凹凸のフランス便り at 08:29| Comment(0) | パリ展覧会2012

2012年05月30日

ギャラリー散歩

朝から Intaglio という版画専門の画材屋さんに行ってきました。
先日訪問した工房の方とアトリエの松本さんのお勧めのお店。

ルーレットと本を買って、それからギャラリー散歩スタート。

DSCN3049.jpg

まずはヘイワード・ギャラリー (Hayward Gallery) へ。 ↑
なかなか広いね〜、まずはランチしてからゆっくり見学を・・・

さてさて満腹になったところでいざギャラリーへ、
と入っていくと、「今日はやってないんですよ〜」
ということで入れ替えのためお休みでした。
残念。

DSCN3051.jpg


気を取り直して、サーチ・ギャラリー (Saatchi Gallery) へ。 ↓
おー、大きい!
立派な建物の中にたくさんの部屋があって、
それぞれが大きなギャラリースペースになっています。
ほとんどが写真を中心にした作品でした。

DSCN3056.jpg

DSCN3059.jpg

ここにも多くの学生達がやって来ていて
学芸員のスタッフが熱心に説明していました。
どこの美術館も小学生から大学生まで多くの学生達で
いっぱい、この小さい時からの美術教育が日本とは
決定的に違うところ、残念ながら。

DSCN3061.jpg


ロンドン最後の夜は街をぶらーり。
LIBERTY という楽しいお店がいっぱい詰まったところで
お土産でも・・・と思って見ていると8時になって閉店。

DSCN3066.jpg

DSCN3071.jpg

DSCN3079.jpg

いつまでも明るいので夜になっていることを忘れています。
posted by 凹凸のフランス便り at 06:55| Comment(1) | パリ展覧会2012

2012年05月29日

貴重な工房訪問 & イギリス名物

ロンドンもあと数日を残すばかりとなりました。

慌てて今日はナショナル・ギャラリー (National Gallery) に直行。
あります、あります
有名どころの絵画がぎっしり!
あんまりたくさんあるので、後半は確認作業みたいになってきます。
ゴッホ、よーし。マネ、はい、ありました。レオナルド・ダ・ヴィンチの
洞窟の聖母、ここにあったんだー・・・みたいに。

DSCN2999.jpg

DSCN3001.jpg


夕方は大坪さんと合流して工房見学。
先日お世話になった Rebeccaさんにご紹介いただいた工房で、プロフェッショナルな
刷り師の Mike Taylorさんに会ってお話を聞くことができました。

TATE Modern で個展をしていたダミアン・ハーストの版画を刷ったり、
主にイギリス在住の作家の版画作品をプロデュースしておられ、
プロ中のプロの刷り師の版画工房です。
とても忙しい中、親切にいろいろと教えていただき、貴重な体験でした。
でっかいプレス機、幅はなんと135cmだそうです。

DSCN3003.jpg

DSCN3004.jpg

DSCN3008.jpg

DSCN3012.jpg

DSCN3015.jpg

DSCN3018.jpg

DSCN3020.jpg


大坪さんが明日パリに出発。
最後にぜひイギリス名物「 Fish & Chips 」食べなあかんやん!
ってことでもちろん ビールと一緒に。

DSCN3039.jpg

DSCN3044.jpg

DSCN3043.jpg

猛暑のロンドン、ビール最高ですわ★

By kaoru 2012,5.28.
posted by 凹凸のフランス便り at 06:55| Comment(0) | パリ展覧会2012