2012年06月06日

Paris memories ベルニサージ楽屋裏編” by yuki

ベルニサージ当日。

cite.jpg

準備の整ったCITE、後は時間を待つばかり…。

その頃楽屋(神野部屋)では、今回も出品されているフセサンが、
ベルニサージ後のパーティの為に、手作りのお料理を持ってきて下さり
準備の真っ最中。感謝!
海老手まり寿司の向こうには、凹凸ギャルアンナちゃん&もりも&伊藤さん。

凹凸ギャル.jpg

そして、この日の為に、不眠不休でドレスを作ってくれた中妻さん到着。
汗をかきかきアイロンを念入りにかけてもらって、
中妻ドレス三人衆 ハイポーズ。 ん?かおるさん何やら気もそぞろ…

中妻ドレストリオ.jpg

そうなんです。
準備してきたアトリエ紹介のスライドショーが会場の機器に取込めないトラブル発生。
なんでー えーと えーと 最後の最後まで、かおる奮闘。
か、かおるさん せっかくのええ服着て あし、がに股なってんでー

kaoru.jpg



フセサン.jpg

フセサンお嬢.jpg

ベルニサージ後、ワイワイガヤガヤの大人達の喧騒の裏での可愛いツーショット。
フセサンさんのお譲ちゃんとジャパニーズガールアンナ。

4年前に会った時は、おちびちゃんだったのにこんなに可愛くなりました。
ジャパニーズアニメ大好き少女です。
そう今やフランスの若い子は、みーんな日本大好き。
私も何度も、街中や地下鉄で“コンニチワ”と話かけられました。
みんな“ワンピース”“ナルト”で日本語覚えて挨拶程度なら話せます。
中には“ワタシ ガングロデス”と自己紹介してくれたフランスの女の子。
アナタハ ソノママデ トテモウツクシインダヨ。

Paris memories つづく   by yuki
posted by 凹凸のフランス便り at 09:16| Comment(0) | パリ展覧会2012
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: