2012年06月13日

Paris memories 1 “いざベルギー” by yuki

ボンジュール パリの皆さんお元気ですか。
夢の世界から一気に現実に引きずり戻されたわけですが、ちょびちょび旅の写真を紹介します。 

本日のお題は “いざベルギー”

着いた日の翌日、citeもオフなのでガルデノード(北駅)から1時間半のブリュッセルまで、
従妹のえみこちゃんが、既に予約してくれていた Thalys(タリス)で快適な列車旅。

pari-20120613-11.jpg

pari-20120613-12.jpg

pari-20120613-13.jpg

さすが一等車!たった1時間半なのにサービス良好。
行きは軽めの軽食、帰りはチキンorベジタブルの夕食付。
ベジタブル:クスクスのサラダにラディッシュ、バジルオムレツ、干し果物、パン、デザート…

pari-20120613-21.jpg

pari-20120613-22.jpg

pari-20120613-23.jpg



ブリュッセル南駅に到着。予想通りの雨やけど、行くでー。

まずは、駅近のジュド・パル広場の蚤の市。
ここは買付けのプロをうならす程の出物があるらしい。しかも安いとの情報を頼りに
なめるように見て廻る。 
あった!あった!可愛らしい陶器、変なもの、銀食器にアクセサリー、
一巡りして目ぼしいものをチェック!

pari-20120613-33.jpg

目のあったふくろうの置物、陶器セット、オブジェのようなナイフとか置くやつ
約20個(おまけつき)などゲット。
怖い顔して中々まけへんかったおじさんも、大阪のおばちゃんパワー炸裂の
交渉の後は、笑顔で記念撮影。 おおきにーまいど。あー面白かった。

pari-20120613-32.jpg


お昼は、ベルギーpoulでランチ。さすがヨーロッパです。
でかいシュッとした犬を脇に、モデルのようなお姉ちゃん二人組がカスクートの
でっかい版みたいなバケットを頬張るのを
“カッコイイ”とおもわず見とれてました。

その後、何気に入った何チャラ大聖堂もすごかった。度迫力の建築です。

pari-20120613-31.jpg

pari-20120613-42.jpg

そしておきまりのコース、グランプリュス。いるわいるわ観光客。
ほんで、えみこちゃん。お土産のチョコどんだけ買うねん!

ギャルリー・サンテュベールは世界一美しいと称される本屋さんがあるとか。

残念ながら3つある本屋さんは、日曜の為すべてお休み。
期待していたアートブック専門店は、日本語でもアーティストブックと書いてあった。

pari-20120613-41.jpg





歩き疲れて入ったカフェ。 
見て!この男前。恥ずかしがるえみこちゃんをよそにおもわず一緒に記念撮影。
(一部お見せするには、あまりにはばかるものはカットさせていただきました)

pari-20120613-51.jpg


Thalysの時間に間に合えへんやん!と大荷物かかえてあわてふためく二人。
“南駅どっちデスカ?”の問いに “あと2分でバスがくるよ”
と教えてくれて駅まで一緒してくれたおじさん有難う!
たぶん日本人としゃべった事もないような地元のおじさん。旅の情けが身にしみましたー。

やっぱり男は顔じゃないんだよねえ。

pari-20120613-52.jpg

Paris memories つづく

by yuki
posted by 凹凸のフランス便り at 14:55| Comment(1) | パリ展覧会2012
この記事へのコメント
おもしろそうな珍道中、続けてお願いします。楽しみにしてますよ〜。
Posted by kaoru at 2012年06月14日 08:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: