2012年06月10日

アトリエ訪問はいつも刺激がいっぱい!

朝から街をぶら〜り、ポスター探し。
あるある、結構目立ってるんだよね〜、パリの街で。

DSCN3725_2.jpg

ふと教会の中に入ってみると、なんと展覧会場に・・・。
こういう場所で展覧会したいなと思いました。開放的で素敵です。↓

DSCN3732_2.jpg

DSCN3739_2.jpg

他にもギャラリーないかな・・・
おっ、ありある、ここは建築専門のギャラリー。
こざっぱりとしてて気持ちよいスペース。

DSCN3743_2.jpg

DSCN3749_2.jpg

DSCN3750_2.jpg



さてさてわれらがギャラリーに帰って店番開始。
いろいろな方が今日も来てくださいました。

そして坪山さんと、いとこのエミコさんが今日帰国。
明日は四塚さん、もりもっちゃんはスペインへ。

DSCN3759_2.jpg

DSCN3793_2.jpg


夜は四塚さんがフランスで教わったKIM先生のお宅に伺いました。
美味しい韓国手料理をいただき、本格キムチに舌鼓。

DSCN3809_2.jpg

お友達の作家Maryさんもご一緒にアトリエ拝見。
すごい、ペインティング、版画、陶器・・・
とても精力的に制作されており、ダイナミックであり繊細であり、
う〜〜ん、エネルギーもらいました。

DSCN3814_2.jpg

DSCN3823_2.jpg

DSCN3831_2.jpg

DSCN3838_2.jpg

四塚さん、幸せです。こんないい先生にとても応援してもらって。
やっぱり頑張ってると遠くからでも理解してもらえるんですね。
元気をもらいました。

By kaoru 2012.6.9.
posted by 凹凸のフランス便り at 18:58| Comment(0) | パリ展覧会2012
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: