2012年05月19日

パリに着いて早速・・・

DSCN2457.jpg

少し肌寒いパリ

アパート住まいでなんだかほっとする感じですが
時差ぼけ+αで、鍵を開けるのにてんやわんや

今日は朝から曇りがちで肌寒く、
まだ冬のコートをしっかり着込んでいる人が多いです。
日本の4月初め頃の気候

さて街をぶらぶら・・・
「おっ、ポールのパン!」
ってことで、ここでランチ
4年前の€1=168円の時はひやひやでしたが、
今回は日本で食べるのと同じくらいの金銭感覚で大丈夫。

DSCN2461.jpg

DSCN2467.jpg

夕方からアトリエ コントルポアンにてM.エクトールと再会。
1930年から使っているプレス機、インクがこびりついて
バームクーヘンみたいになった取手、すごい。

DSCN2470.jpg

DSCN2474.jpg

DSCN2477.jpg


夜はもちろんみなさんとワイン、ワイン、ワイン。
美味しい?、もちろん。
posted by 凹凸のフランス便り at 15:44| Comment(1) | パリ展覧会2012
この記事へのコメント
早々の記事発見!うれしいです!
緑がきれいで空気が違う感じ。
これからブログ楽しみにしています。
お手伝いできませんが、すてきな旅を祈ってます。
Posted by タケウチ at 2012年05月20日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: