2012年06月11日

開かずの扉・・・

「開け ごま〜〜!」
何度叫べども開かずの扉。

DSCN3844.jpg

いやいや、まいったまいった。
今日は日曜日ですが、展覧会場は開く予定・・・と思っていました。

DSCN3847.jpg

ところが、「今日は日曜日だから開けられない」のいってんばり。
いやいや、違うでしょ、そんなこと聞いてませんよ!!
「ノン」
「はああ〜〜???」

結局、扉は何をもってしても開かずじまいでした。
しかたなく、張り紙をして「ごめんなさい」
この日にいらした方は本当にすみません。

でもここはパリ、こんなことでめげていても仕方ない。
何があっても驚かないぞ。
気持ちを切り替えて今日は休息日。

DSCN3852.jpg

DSCN3853.jpg




街をぶらりとしてから
原田さんのところにお邪魔しました。

DSCN3859.jpg

DSCN3858.jpg

いいこともありますね、「すき焼き」ご馳走になりました。
なんだか懐かしいこのお味。
ご家族と楽しいおしゃべり(皆様日本語堪能です)。

DSCN3863.jpg

DSCN3867.jpg

DSCN3869.jpg

DSCN3871.jpg

原田さんのギャラリーのようなお部屋を見せてもらって
すっかり楽しい休日とあいなりました。

By kaoru 2012.6.10.
posted by 凹凸のフランス便り at 08:14| Comment(0) | パリ展覧会2012